だいすけおにいさん引退から見る妻の本性

だいすけおにいさん引退!

先月、我が家に衝撃が走った。
「だいすけおにいさんが引退!」というニュースが飛び込んできたからだ。

「だいすけおにいさん」とは、NHK教育(Eテレ)の子ども向け番組『おかあさんといっしょ』に登場する「うたのおにいさん」である。
歌を歌うだけでなく、番組を進行させる司会の役目も負うため、“番組の顔”とも言える。

特に、だいすけおにいさんは、2008年から9年間、「うたのおにいさん」を務めていたため、多くの子どもたち、そして お母さんたちの人気が高かった。

我が家でも、だいすけおにいさんは人気の存在であった。
昨年夏には、『おかあさんといっしょ』のコンサートにも行き、そこで だいすけおにいさんのカッコ良さに、家族で胸キュン♡してしまったほどである。

妻が「だいすけおにいさん、かっこいいねー♪」と言うのはもちろん、
僕も「だいすけおにいさんになら、妻の心を奪われてもいいかもしれない」と思えるほどであった。

そんな だいすけおにいさんが突如、引退宣言をしたのである。

そして、実際に今月の初め4月1日、だいすけおにいさんは、『おかあさんといっしょ』を去った。
家族一同、胸を痛めたのは言うまでもない。

もちろん、後任の「うたのおにいさん」が就任するが、だいすけおにいさんの存在は大きく、

「うたのおにいさんは、だいすけおにいさんしかおらんやろーー!」

「どこの馬とも知らねえ新参者を、いきなり受け入れられるか!」

というのが、我が家の中での共通事項であった。

しかし、である。

今日、4月3日から、新しい「うたのおにいさん」で番組が再スタートした。

新たなお兄さんの名は「ゆういちろう おにいさん」。

そんな ゆういちろうお兄さんの姿を見て、妻は驚愕の一言を発したのだ。

「あ♪ かっこいいかもしれない(//▽//)」

と。

「え? 先月まで、あんなに だいすけおにいさんのこと好きだったのに、いきなり乗り換えるの?!」

という僕の想いとは裏腹に、テレビに映る ゆういちろうお兄さんに惹かれていく妻……。

「あ。初々しいのに、うまーい♪」

「この人の顔、塩顔で長ーーーーい☆」

「名前も長ーーーーーーーーーい」

と、全く理屈の通らない理由で、ゆういちろうおにいさんを褒め称えるのである。

「ちょっと待て! だいすけおにいさんは、どうなった?!」

という僕の問いに……

「ん? だいすけおにいさん? あー。そんな人もいたねぇ」

と、まるで存在がなかったかのように、だいすけおにいさんのことは流されてしまった。

「え? そんなすぐに乗り換えられるものなの?!」

「新しい男が現れたら、昔の男は存在消されてしまうの?!」

「記憶から消去なの?! デリートなの?!?!」

そんな驚愕とともに、僕は彼女に持つ強さと恐ろしさを感じていた。

『女の恋愛は上書き保存』

とはよく言ったものである。

まさに、彼女のなかで「だいすけおにいさん」はデリートされ、新たな「ゆういちろうおにいさん」のデータに上書きされてしまったのだ。

「そんなに早く!?」

「僕のなかでは、まだ だいすけおにいさんは生きているのに!」

「というか、昨年、『うたのおねえさん』が変わったときの衝撃も忘れられないのに!」

「『たくみおねえさん』のことを、今も思い出してしまうのに!!!!」

と、自分自身のなかで割り切れないものが湧き出してきた。

「たくみおねえさん」とは、今の「うたのおねえさん」である「あつこおねえさん」の前任者。
ちょうど一年間の3月、うたのおねえさんを卒業してしまった……。

僕のなかでは、その悲しみもまだ癒えていないのだ。

『男の恋愛は別名保存』

とは、本当によく言ったものである。

だが、妻はそんな僕の想いなどつゆ知らず、テレビ画面のなかの“新しい男”、ゆういちろうおにいさんに夢中である。

いや、それどころか……
画面の中の「あつこおねえさん」までも、「だいすけおにいさん」などいなかったかのように、「ゆういちろうおにいさん」と仲良く歌を歌い、踊りを踊っている。

「先月までは、だいすけおにいさんとパートナーで、あんなに仲良く頑張ってたのに!!」

「あつこおねえさんまで、ひどい!!!!!」

僕の失望は計り知れなかった。

そして同時に、“女性”というものの恐ろしさを知ったのだ。

「何かきっかけがあれば、自分の存在など すぐに消されてしまう!」

「たとえ夫婦の関係であろうとも、一瞬で記憶と存在をデリートされてしまう!!」

「ぜったいに油断してはならない!!!!」

僕はそう確信した。

だから、女性と接するときは……特に、一番近くにいる妻と接するときは、常に細心の注意を払わねばならないのだ。

だいすけおにいさんのように、存在を消されてはならない。

「妻のこと、大事にしなくては!!!!」

と、決意を新たにする春である。

『妻の夫.com』メールマガジン

妻と“妻の夫”が経験してきた過去のアレコレや、日常で遭遇する出来事などなどから学んだことを、メールにて配信させていただいています。

配信頻度はとてもとても不定期になりますが、ご興味持っていただけたらご登録ください(^^)

お名前  
メールアドレス

Related Entry

子育てでイライラしたら?思い出したいたった一つのこと

就職先は“妻”でした

お布団

世界で最も簡単に幸せになれる方法

いのちのごはん

いのちのごはんを作りたい!男が料理に目覚めるとき

ワンワンの名前に隠された秘密

ワンワンに隠された秘密!あの名前の真相とは?

妻が本場の明太子を食べたいと言ったから

妻が本場の明太子を食べたいと言ったから