2歳の娘が大きく飛躍する新年

娘に「チューしていい?」と聞くと、
「 ダ メ で す」
という4文字の答えが返ってくる。

これが、2016年までの我が家でした。

ですが、2017年に突入し、
この状況が大きく変化したのです!

《僕》
「チューしていい?」

《娘》
「だいじなひとに とっとく♪」

《僕》
「?!」

な、なんということでしょう。

言葉の数が一気に増えている!

しかも、自分の「好き嫌い」という
感情だけで判断していない!!

「大事な人」という他者にまで
思考の範囲が広がっている!!

いや、それどころか
「(未来に)とっておく」という
時間の流れまでを考慮している!!

《僕》
「年が明けたとたん、一気に
ここまで成長をするなんて!!」

まさに、“ 飛 躍 ”。

《僕》
「去年から、
今年は“飛躍”の年になるって
聞いてたけど、ホンマやん!!」

そう呟いた僕に、妻が言いました。

《妻》
「おもしろいねー♪
じゃあ、私たちも“飛躍”するの?」

《僕》
「もちろん!!」

《妻》
「じゃあ、あの子に
『大事な人』が現れたら
チューを認めるの???」

《僕》
「・・・う!!(◎_◎;)」

《妻》
「“飛躍”するんだよね?」

《僕》
「イーーヤーーーーー!(T0T)」

時代の変化と娘の成長を感じる一方で
“飛躍”から一番ほど遠い自分・・・
を痛感している今日この頃( ̄▽ ̄;;

皆様の“飛躍”を
改めてお祈り申し上げます!!

Related Entry

“ワクワク”は邪魔

アイスクリームを食べられる人は王子様&王女様

1才10ヶ月の娘が発した二語文は衝撃的なものだった

女の恋愛は上書き保存!?妻が恋に落ちた相手とは?

自分だけの福袋の見つけ方

お正月に自分だけの福袋を見つける方法

ミシュランの星に負けない福岡の名店『トトノエ』