旅は家に帰ってからが本番!福岡の明太子を食べよう!

旅は帰ってからが本番

昨日、福岡から大阪の自宅へ戻りました。

目的の明太子をゲットして
「めでたしめでたし♪」
といきたいところですが、
実は本番はこれからですo( ̄^ ̄)o

『本場の明太子をおかずに、
新米を家族で食べる!!!!』

というのが今回の趣旨ですが、
実は今年の新米がまだ出来上がってません(^^;

稲刈りは終わりましたが、
まだ田んぼに干してある状態なのです。

(一般的な方法だと機械で刈り取って
機械で乾燥させてお米になりますが、
我が家の場合、太陽の下に干して
じっくりと乾燥させています)

で。
その乾燥もそろそろ終わるタイミング♪

今週には、お米の味だけを取り出す
「脱穀(だっこく)」という作業をして、
そこから食べられるお米に仕上げていきます。

お日さまのエネルギーが
いっぱい詰まった状態から一気にお米にして、
それを本場の明太子と一緒に食べたら……???

「うおーーーー!
ぜったい美味しいやん!!!!」

「妻と娘は、
どんな顔して食べるかなぁ〜〜?」

とワクワクが止まりません。

『旅の本当の楽しみは自宅に帰ってから♪』

なのです(*^^*)

明太子の賞味期限は「11月6日」!!

それまでにお米を仕上げます!!!!

☆  ☆  ☆

『この世界の全ての人が、日々、
大切な人と一緒に食卓を囲み、
“いただきます”と
“ごちそうさま”を言える』

それが、僕の目指す理想の未来であり、
インターネットでの活動の理念です。

我が家では、今回、明太子と新米で
最高の「いただきます」をします。

あなたのお家(おうち)でも、
「いただきます」と「ごちそうさま」が
笑顔で言える日々でありますように☆

Related Entry

結婚記念日に想う男女の心理と真理

思いやったつもりが全然思いやりじゃなかった話

明太子

娘が無事に退院しました!明太子も完食しました!

商売の教訓を教えてくれたプリンたち

商売の秘訣を教えてくれたのはプリンでした

アゼルバイジャンの首都バクーの夜景

アゼルバイジャンの首都バクーの美しい夜景!

いただきます

家族で「いただきます」することが最高の幸せ