家族で「いただきます」することが最高の幸せ

いただきます

1才2ヶ月の娘は
「いただきます」が得意です♪
(写真、ブレちゃった……(^^;;)

僕と妻が、食卓に向かって
「いただきます」と手を合わせると、

「たーーーーーー♪」

と、めちゃくちゃ笑顔になります。
(たぶん「い “た” だきます」の
“た”の部分)

僕らの真似をして、手を合わせて言います。

この瞬間が、僕にとって最高に幸せです。

ちょっぴり極端なことを言ってしまうと、

『こういう瞬間があれば他に何もいらない』

とすら思います。

別に、豪華なものを食べたいとは思わないし、
旅行にだって行く必要ないよなー、と。

(↑「え? 行こうよ!!」と、
妻からツッコミが入るはず)

『妻と娘と一緒に
“いただきます”する瞬間』

これが、僕の考える
“幸せ”のカタチだったりします。

……ですが、

今の時代、実は、こういった
何気ない家族との時間を得ることが
一番 難しいことなのかもしれません。

思い返してみれば、会社員をしていた時は

朝6時半に家を出て、
日付の変わった深夜25時ごろ帰ってくる……

そんな毎日を繰り返していました。

その当時は結婚はしていませんでしたが、
家族とご飯を一緒に食べることなんて無いし、
休日も「ひたすら寝る!」というだけでした。

そんな中で、

『大切な人と一緒に“いただきます”する』

なんてことは、非常に困難というか、
夢のまた夢のことだったと思います。

でも、本当はこういったことが
本来 大切なことだと思うんですよね。

・大切な人と一緒に食事をする

・自然から頂いた恵みに感謝する

昔ならきっと
“当たり前”のことだったでしょう。

けれど、現代では、
この“当たり前”が失われてしまった……。

僕はそれを取り戻したいと思ってます。

個人的な勝手な想いなのは
わかってるんですが、

『毎日、家族と一緒に
“いただきます”をする』

そんなご家庭が増えれば、と思ってるんです。

もちろん、きれいごとだけでは
現実は何も変わりません。

生きていくためにお金は必要だし

子どもがいるなら、
教育などにかけるお金も必要です。

だから、

『家で、家事や子育てをしながら、
お金を得られる生き方ってできないかな?』

『妻と子どもと一緒に過ごす時間さえ
価値として世の中につなげて
ビジネスを構築してないかな?』

そんなことをずっと考えて、
この一年半ほど試行錯誤を続けてきました。

そして、今になってやっと
自分なりにハッキリとした成果が出て、
カタチにする方法が見えて来たんです。

現時点では まだぼんやりの状態ですが、
これから新たなメール講座を作ったり、
普段の発信でも、そういったことを
お伝えしていけたらと考えています(^-^)

『この世界の全ての人が、日々、
大切な人と一緒に食卓を囲み、

“いただきます”と
“ごちそうさま”を言える』

それが、僕の目指す理想の未来であり、
僕の活動の理念です。

こんな僕の理想に共感して下さる方は
これからも、どうぞよろしくお願いします(^^)
(「そんな情報いらねーよ」という方は
ご遠慮なく お友達を解除されてくださいね♪)

また、共感して下さる方の
お友達リクエストもお待ちしています☆
(ただし、初めての方は、メッセージを
添えていただけると嬉しいです)

あ。ちなみに、
娘は「ごちそうさま」も得意です!

僕と妻が
「ごちそうさまでした!」と言うと、

「たーーーーーー♪」

と言って、手を合わせます。
(たぶん「ごちそうさまでし“た”」の
“た”の部分……)

あなたのお家(おうち)でも、
「いただきます」と「ごちそうさま」が
笑顔で言える日々でありますように☆

Related Entry

思いやったつもりが全然思いやりじゃなかった話

娘にチューをせがんだら……(妻ver)

ミシュランの星に負けない福岡の名店『トトノエ』

カレー事変2016

世界平和の鍵は実は身近に!白菜とメロンパンから考える

子どもの成長も「三歩進んで二歩下がる」