妻が惚れた相手は軽い“彼”でした・・・

妻に彼ができました

「ちょっと軽いし
扱いづらいところもあるけど、
すごくステキな“彼”なの♪」

ウキウキと頬を赤らめて語る
その表情は、まるで少女のよう。

ここ数日、妻はソイツと
片時も離れず一緒に居る……。

妻に、“彼”が出来ました。

*  *  *

こんにちは。
「職業は妻の夫」つじばやしです。

最近、妻に新たな出会いがあり、困惑しています。

その出会いとは……

『MacBookの購入』

です。

以前にチラリと投稿させて
いただいたことがあるのですが、
妻は現在、子育ての合間に、
オリジナルの創作活動をしています。

今まではiPadminiで
頑張って来たのですが、

データ管理などのが もはや限界となり、
新たなパソコンを購入する運びとなりました。

ただ、初めてMacBookを見たときは、

「こんなの、私には高すぎだよーーー」

と戸惑っていた彼女。

ですが、

「あなたの仕事は
そんな安いもんやないやろ?!」

「逆に、あなたの作品を見た人が、
『クオリティ高すぎ!』
と言ってもらえるくらいの
仕事をしましょうよ!」

と言い、めでたく購入に至りました。

そんなわけで、
新たなMacBookには……

『たかすぎさん』

と命名させていただきました。

(ちなみに、
僕もMacBookを持っていますが、
『銀さん』という名前です。

『銀さん』と『高杉さん』……

この関連性がわかってくださる
あなたは僕らの仲間です♪)

……が、

この『たかすぎさん』が
やって来てしまったがために、
僕は後悔することになります。

「やっぱ、高すぎだよー」

「使いこなせるかなぁ?」

と最初は戸惑っていた妻ですが、
みるみる作業がはかどるようになり、

『たかすぎさん』と四六時中
一緒にいるようになったのです。

「今までiPadでやってたの、
なんだったんだろ?」

という言葉が出たかと思ったら、

「『たかすぎさん』って
呼びにくいから、
もう“彼”って呼ぶ♪」

とまで言う始末……。

ええ。

僕という夫がありながら、
“彼”が出来てしまったのです。

「ちょっと軽いんだけど……
(=新型のMacBookはホントに軽量)

扱いづらいところもあるけど……
(=まだマックのシステムに慣れてない)

スゴく素敵なの、彼!!!!」

と、ウキウキと頬を赤らめながら
創作活動に向かう彼女を見ると、
色々フクザツな想いもありますが、

『良い仕事のためには、
良い道具が大事だよなー』

ということを
身に染みて学んだのでした。

妻の心が帰ってくるまで
しばらく時間がかかりそうですが、

妻が“彼”と共に成す仕事を
全力でサポートしようと思います。

あなたも、

・こだわりたい仕事

・作り上げたい作品

があれば、多少背伸びしてでも、
惚れてしまうくらいの良い道具を
整えられることをオススメします。

その“惚れてしまうくらいの”道具から
周りの人が魅力される仕事が作品が
どんどん生み出されてくるでしょう!!

……その傍らで、
泣いている“妻の夫”が
いるかもしれませんが、
そんな小さなことよりも、
世界へ羽ばたいて下さい!!(T_T)

Related Entry

最高の教師は赤ちゃん

最高の教師は赤ちゃん!子どもを叱る前に思い出したいこと

アゼルバイジャンにある近未来的な建物

自分の可能性を縛るのは誰か?海外へ出て気づいた真実

娘にチューをせがんだら……

魔女の宅急便

『魔女の宅急便』から学ぶ才能の活かし方

生きろ。

生きろ!日本人の力を世界へ

手作りのご飯を食べてもらいたい!

田んぼで育てるところから手作りです!