世界平和の鍵は実は身近に!白菜とメロンパンから考える

家族で白菜を食べるとき、

妻は好んで緑色の柔らかい部分を食べます。

一方 僕は、白菜の白くて厚い部分が好きなので、
そこを好んで食べます。

なので、2人で白菜を丸ごと1個食べると、ちょうど好みのところを分け合って、仲良く完食できます。

「あー。世界って上手くできているんだなー」
と思います。

家族でメロンパンを食べるとき、

妻は外側のカリカリの皮の部分を好んで食べます。

一方 僕は、内側のフワフワの部分が好き…………

なんて言うことはなくて、

僕も外側のカリカリの部分が大好きです。

「あー。世界って理不尽にできているんだなー」
と思います。

なので、ここで争いが起きます。

「外側のカリカリの部分が欲しい!」

「いやいや。今日は僕が買い物言ってきたんだから、僕にカリカリを食べる権利があるはずだ!」

「何言ってるの?
昨日、あなたは遅くまで飲みに行ってたんだから、今日は私が食べてもいいでしょ?!」

という風に、いつの間にやら、

互いに都合の良いように作った“権利”を振りかざし、

メロンパンのカリカリの皮の部分を取り合おうとします。

「僕が!!」

「いや。私が!!」

そんなこんなをしているうちに、
娘が泣き出して、
お互い全然前に進めなくなって、

“権利”を主張することがアホらしくなります。

「じゃあ、半分こしよっか(^^;)」

となって、メロンパンを半分こします。

そうやって食べると、中のフワフワの部分も食べることになりますが、

「おいしいね」

と2人で言い合うことができます。

やっぱり世界は上手くできているようです。

Related Entry

子どもが最高の先生

子どもこそが最高の先生

中島みゆきさんから学ぶしあわせ

中島みゆきから学ぶインターネットの真理

伊勢で学んだ夫婦円満の極意!カミさんは神さま

娘が初めての入院

娘が初めての入院をしました

ワンワンの名前に隠された秘密

ワンワンに隠された秘密!あの名前の真相とは?

時代の波にのまれない秘訣を2歳児に学ぶ