アイスクリームを食べられる人は王子様&王女様

おとぎ話の王女でも
昔はとても食べられない
アイスクリーム アイスクリーム

わたしは王女ではないけれど
アイスクリームを召し上がる

童謡『アイスクリームの歌』より
(さとうよしみ作詞 服部公一作曲)

*  *  *

昨日、名古屋を後にして、
今日は伊勢へお参りに来ています。

最初は外宮様へお参りしたのですが、
そのすぐそばに美味しい
ソフトクリーム屋さんがあると聞き、
家族で食べに行きました。

そこで流れていたのは、
懐かしい『アイスクリームの歌』。

昔は、一国の王子や王女でも
食べられなかったアイスクリームですが、
現代では、ほとんどの人が口にできる……。

そんな歌詞を聞いて、あらためて
現代の有り難さを感じています。

「そうなんよなー。
今“当たり前”と思ってることって
全然当たり前じゃないんやよなー」

「この時代に生きられるだけでも
めっちゃ有難いことやのに、
なぜか『もっともっと』って
求めてしまうんやよなーー」

「それよりも、今ある有り難さに
ちゃんと目を向けていかんと」

と、神様にお参りさせていただいた
ばかりだったのもあって、
そんなことをしんみり考えていたら…………

娘にソフトクリームを予想外に
バクバク食べられていました( ̄◇ ̄;;

「うおーーーー!
なにをするかーーーーー?!
貴重なソフトクリームをぉおおお!!」

「昔は王女様でも
食べられなかったんだぞーーー!!」

と大人気なく叫ぶ僕に、
お口の周りを白いおヒゲ状態にして、
「エヘヘ♪」と娘は笑いました。

『そうかー。
今の時代は、全ての人が
王子様や王女様なんスね……(^^;』

たぶん、現代って、
これほどに有難い時代です。

先人たちと神々様に感謝を☆

Related Entry

生きろ。

生きろ!日本人の力を世界へ

夫婦は正反対だから良い

夫婦は正反対だから良い?!家庭内で起こる争い

スタバっていいよね!

スターバックスが人気の秘密!母から娘へ伝えたいこと

アゼルバイジャンの首都バクー01

アゼルバイジャンを旅して感じていること!

自分が本当に望むこととは?

自分が心から望むことは本当にソレなのか?

成果は遅れてやってくる

成果が出ない!そんな時こそ思い出したい唯一のポイント