草食系男子の行く末とは?娘が◯◯◯されちゃった!

若者の恋愛離れが深刻になっている。

「草食系男子」という
言葉に代表されるように、
恋愛に関心を持つ若者が
少なくなっているというのだ。

特に、男性にその傾向が顕著で
今では「絶食系男子」という言葉も
使われ始めている……。

この事態は、社会として深刻に
受け止めねばならないだろう。

なぜならば、恋愛がなければ、
男女の契りが交わされず、そこから
新たな生命の誕生も無いからだ。

もはや、人類にとって

“ 種 と し て の 危 機 ”

とも言えよう。

だが、そんな僕の危惧を
吹き飛ばす出来事が起こった。

娘 が ナ ン パ さ れ た ・・・ 。

(添付の画像は その現場)

「オイ、コラァァアア!!
人の娘に勝手に手ェ出すなぁ!!」

「てゆーか、
どこのどいつだ? テメエ!!!!」

という感情が湧きかけたが、
一応、僕も日本の未来を憂う
社会人の一人である。

そんな個人的な感情で
取り乱してはならない。

その男子は、娘より1才か2才年上……
おそらく3才〜4才であるが、

これは日本社会にとって、むしろ
喜ばしい出来事なのではないか?

愛しの娘が、同年代の男子と
仲良くイチャイチャしている姿に、
胸がギリギリと締め付けられるが、

見ている限り、彼はまさに

“ 肉 食 系 男 子 ”。

今の日本ではすでに
絶滅したかのように思われた
恋愛に積極的な男子なのである。

いや。むしろ、妻が言うには、

「あの子、
肉食系っていうより“猛獣系”♪」

「オオカミだわーーー(//▽//)」

とのことで、

妻の胸までをも
キュンキュンさせるくらい
超積極的な男子なのだった……。

「NOォォオオオオオオ!!
妻の心までももてあそぶんか!
このガキぃーーーーーー!!!!」

と逆上しそうになるが、
いや……これもやっぱり、
日本社会にとって喜ばしい状況だ。

もし、こういった男子が
20年後にどんどん多くなれば、

恋愛への関心は高まり、
結婚率も高まり、子どもが増え、

少子化も止まり、
経済も活性化していくであろうから。

そして何よりも、

次の世代へ
新たな生命が引き継がれ、

人類という種が
未来へつながっていくのだから。

そう。

そうだ。

この状況は喜ばしい状況なのだ。

時代の流れというものは、
波のように行ったり来たりする。

戦争によって
あらゆるモノが失われる時代があれば、
次にはモノがあふれる時代がやってくる。

逆に、モノがあふれる時代の次には、
心にフォーカスが当たる時代が来る……。

そんな風に、現時点においては
「危機」と言われる状況でも、

その反動のように
逆の流れが湧き起こるサイクルが、
時代や社会にはあるのである。

だから、今の

「若者の恋愛離れが進んでいる」

という状況は、

『次の世代は 恋愛が活性化する』

という傾向を示すと言えよう。

また、

「現在、経済が停滞している」

という流れがあるとすれば、

「次の10年〜20年後には
経済が活性化する」

という流れを
予想することができるのだ。

今日、『娘がナンパされた』
という衝撃の出来事は、まさに、
こんな時代のサイクルを
僕に教えてくれたと言えよう。

そう。

そうなのだ。

この目の前の光景は、あくまでも
僕に“時代の流れ”を
教えてくれているのであり、

決して

「悲しい出来事」でも、

「ショックな出来事」でも、

「激怒する出来事」でもなく、

はたまた

「怒りを通り越して、
怒髪天をつく出来事」で、

「そのとがった髪の毛で、
テメエのハラワタ
かっさばいたろか!!!!」

ということでも無いのだ。

むしろ、

『娘と彼が成人する20年後には、
明るい状況が日本に訪れている』

ということが言えよう。

これからの未来を担う若い世代に、
大いに期待しながら
これからの成長を見守りたいと思う……

……という考えが、走馬灯のように
一気に頭を駆け巡って、

パパは胸が張り裂けそうなのと、

やっぱり怒髪天を衝いているのと、

衝撃的すぎてしばらく寝込みそうなのと、

もうこんな想いはしたくないのーーー!

と、初恋で失恋した時のように
パパは悲しかったのよーーーー(T-T)

娘よ……

恋は、あと20年待って(T-T)(T-T)(T-T)

Related Entry

ご先祖様がいてくれてよかったね

ご先祖さまへの最大の感謝は僕たちが幸福であること

一年の成長

一年の成長

愛は残る!

日銀のマイナス金利政策を生き残るために

就職先は“妻”でした

価値を届けたい人から逃げない

価値を届けたい人から逃げるな!と妻に言われた日

手作りのご飯を食べてもらいたい!

田んぼで育てるところから手作りです!